メンタルトレーニング イメージ

Filed under テーマ【メンタルトレーニング・メンタルトレーナー】の一覧

メンタルトレーニングの一つであるイメージをするとは心の中に試合中の技術と戦略の心構えを描いてみることを意味する。
イメージは実行できない技術や作戦を計画するのではなく、常に自分のレベルに合った具体的かつ実行可能なものでなければならない。


したがって、自分の技術程度や心の状態と、相手のレベルを正しく把握して、知っているすべての感覚と知識を動員して具体化させなければならない。


試合で良い成績を収める為には、試合開始前に作戦そして、自分の心や行動が周囲の条件ではなく、
自分で調節できるように準備しなければならない。
各ポイントの間には、深呼吸をして、緊張した心を解いて、次のサーブのスピン程度や方向、あるいはリターンの方法、さらには、全体的な作戦を心の中に計画する。
そして、各ストロークを駆使するたびに、自分が目標地点をあらかじめ心の中で考えているのも良い試合をするために必要である。

テニスの試合でのイメージは打球の精度と成功率を高めることを与え、より効果的な作戦を駆使できるようにする効果がある。
そしてイメージの効果は、肯定的な独白や精神を集中、緊張の解消などのメンタルトレーニングプログラムの要因を適切に利用し調和を成すとき、より効果を発揮しプラスに働くのである。


このように、メンタルトレーニングの方法のいくつかを合わせて調整していくことで、緊張する場面でも、いつもの能力あるいはそれ以上の能力を発揮することが出来る。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*